電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

“大学修学能力試験が終わったら行いたいこと、二重手術” レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 103

본문

2018年のスヌン(大学修学能力試験)もいつの間にか一か月前となった。受験生たちは試験と同じくらい、受験後の様々なイベントに関心を持っている。スヌン整形’または‘受験生整形’という言葉がある程、試験が終わったら整形外科を訪問し、カウンセリングを申請する受験生とその親たちが多いのだ。

この中で最も人気がある種目は当然、目の整形だ。人の第一印象を決定する、最も重要な要素が目だ。幼いころから学生たちは二重テープ、二重のり、カラーコンタクトレンズ、アイライナーなどで目元を飾る努力をする。しかしこのような方法は永久的ではなく、まぶたや眼球に刺激を与えたり、皮膚のたるみやアレルギー、眼瞼下垂などの副作用をもたらすこともある。

二重手術は最も普遍化された手術だが、絶対に簡単な手術ではない。切開法と埋没法、部分切開法など手術方法が多様で、二重ラインと高さによっても一番良い結果を得ることが出来る手術法が個人毎に違う。一人一人の目の特性と顧客の要求に合った、正確なカウンセリングを行うことが必要だ。

レアート整形外科のキム・チャンユン院長は、“スヌン試験後に整形外科を訪れる受験生の大部分が、二重手術を考えている。”とし、“しかし、二重手術は個人個人でそれぞれ多様な方法で行われる。瞼の状態によっては単純な二重手術ではない眼瞼下垂を改善する目つき矯正や、顔との調和や目の大きさ、様々な要素を考慮したトゥイム整形が並行して行われることもある。”と説明した。

特に、二重手術のような目の整形を行うときには、眼瞼下垂の症状があるのかをしっかりチェックしなければならない。眼瞼下垂は、目を開ける筋肉の力が先天的または後天的な要因で弱くなり、瞼が垂れて黒目の相当量を隠してしまう症状だ。このような眼瞼下垂は視野の邪魔になることはもちろん、疲れていたり眠そうに見える印象を与えてしまうこともあり、目つき矯正術を適用してこそ満足のいく結果を期待すること出来る。

キム・チャンユン院長は、“整形時には個人の全体的な顔のイメージと似合うように、一人一人に合った手術が可能な病院を探すことが重要だ。”とし、“多様な事例がある熟練した専門医が、カウンセリングはもちろん手術まで直接執刀するのかをしっかり確認することが必要だ。”と伝えた。