電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

二重整形の再手術、失敗しないようにするために レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 76

본문

二重整形の再手術にはいくつもの理由があって行われることが多いが、その理由の中には結果の美しさに満足出来ていない、というものがある。本人が希望していた結果と違う形の目、両側の二重の非対称などが代表的だ。また他の原因として医療陣の経験不足によって起こる、二重の高さの非対称、左右の二重の形の非対称、二重の腫れが継続して治まらないソーセージ目、見た目の良くない傷跡が残る場合などだ。このような場合には心理的な辛さを伴うため、必ず再手術を通して失敗した手術を正しく直さなければならない。 再手術をすることになる状況が多いのは、画一化された手術の進行と臨床経験が不足した専門医が執刀した手術の場合なので、副作用による再手術の場合は、必ず臨床経験が豊富な整形外科を探さないといけない。

レアート整形外科のキム・チャンユン院長は“手術後、結果の美しさに満足できない可能性がある為、整形外科を選ぶ前に該当分野の専門病院としての信頼性があるのかをしっかり考えてみなければならない。また、カウンセリング時には本人が希望する二重の形を医療陣としっかり話し合い、満足することが出来る二重の再手術になるよう努力しなければならない。”と伝えた。

二重整形の再手術は、初手術時にすでに損傷した皮膚や組織などがどの程度まで安定化された状態なのかを把握するために、再手術前に正確な診断と手術計画が必要だ。二重整形の再手術は単純にラインだけを作るのでは無く、目の脂肪量と筋肉量、瞼の皮膚の弾力など、いくつもを正確に把握し二重ラインを調節してこそ、自然な二重ラインを作ることが出来る。また、眉と二重との間の距離、目を開ける筋肉の力と目の突出度などを総合的に分析してこそ、再び失敗をしない結果を期待することが出来る。

目の再手術は通常、手術後最小6か月が過ぎてから行うことが好ましく、手術後にも腫れがある場合は、3か月が過ぎた後に手術部位の皮膚組織が安定したことを確認後、再手術を受けるのが好ましい。

キム・チャンユン院長は“全ての手術が初手術から満足出来る結果を得ることが出来るよう、医療陣との正しいカウンセリングと本人の合った手術が出来ることが最も望ましい。 しかし、目の再手術を検討する場合は、病院の選択において、より慎重を期す必要がある。”と明らかにした。