電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

複雑なトゥイム整形、望む結果を把握し満足のいく手術を受ける レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 97

본문

人の第一印象でどこを一番最初に見るのかと問うと、“目”を選ぶ人が多い。目の大きさや形によって多様な印象を与えることが出来るからだ。このため、目にコンプレックスがある場合、整形手術を通して改善しようとする人も少なくない。

整形テクニックの発達で、多様な整形手術が開発されいる中、目の整形は最も普遍化された整形術の中の一つと言えるだろう。しかし西洋人より小さい目を持っている東洋人の場合、鋭い印象を与えることがあるが、大きくくっきりとした目を好む現代人達はこれを改善する目の整形時に、各種トゥイム手術について考える場合が増加している傾向だ。目の整形の中で、両目の間が広く見える場合は二重手術と一緒に目頭切開手術を行い、目頭側に被さっている蒙古襞を取り払うことによって、より確実な目つきの改善をすることが出来る。目の長さが短く眉間の距離が狭い場合は、目尻切開とタレ目切開を並行して行うデュアルトゥイムなどの手術が必要だ。

目頭切開は、蒙古襞によって目頭がもどかしく見えたり目と目の間が遠く改善させたい場合、また目の横の長さが狭い場合、これを長くさせ目を大きく見えるようにするという手術だ。上瞼拡大切開(ウィットゥイム)は二重ラインにわずかな変化を与え、最近脚光を受けている爽やかで鮮明なインアウトラインを作り出すのに有用なトゥイム手術である。目尻切開は、目の横の長さが短い・目の外眼角部位が正常範囲を抜け出す程の鋭い印象を与える場合・目の横幅が狭い場合などに適切に作用することが出来る。タレ目切開は、目尻切開と共に目の外眼角に変化を与えるトゥイム整形方法だ。各トゥイム手術方法は整形手術のテクニックの発展で、以前とは違い目に付かない場所に切開を行う方式を使用し、手術後の傷跡についての心配を減らすことが出来る。非切開方式のテクニックや、同じように並行発展した個人の目に合った多様な技法で手術が可能だ。

しかし、どんなに良い手術方法だとしても、自身に合っていなければ満足のいく結果を得ることは難しい。この為、最も重要な事は、医療陣とのカウンセリングを通して正確な手術方法を探すことだ。自身が望む結果が何なのか正確に把握し、これを背景に正確なデザインが成り立たなければならない。

チョンダムに位置するレアート整形外科のキム・チャンユン院長は、“無条件に二重ラインを作り、目の大きさを大きくするということは多少危険だ”と言い、“目頭切開の目の整形の場合、一番大きなイメージチェンジをすることが出来る反面、本人のイメージと似合わない違和感のある結果を出すことがある。目の状態を考慮しない無分別なトゥイム手術は手術後にも目のコンプレックスを解決できずに、再手術の危険が高くなることがある”と助言した。