電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

“簡単な施術”と錯覚する目の手術、必ず専門医と相談しなければならない レアート整形 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 80

본문

人の第一印象を決める要素はいくつかある、筆者は当然“心の窓”と呼ばれる“目”を第一要素として挙げる。印象を良くする為に人々が目の手術に関心を持っているのも、まさにこの為だと言えるだろう。二重の無い、眠そうに見える・疲れて見える・性格がきつそうに見える目を、柔らかく自然な目つきに変えることで既存の印象を改善することが出来る。

あまりにも大衆的な施術になったことで、人々は目の手術をメイクアップのように簡単だと考える。しかし、目の整形は様々な要素を考慮し、いくつものデザインを経て行わなければならない難しい手術だ。実際に目整形の専門家達が、目の整形の中で最も難しい部分だと口を揃えるのが、目が他の部分と違って動的だという点だ。目は閉じることもあれば開けることもある。よって目を閉じたときは大丈夫だったが、目を開けてみると形が変わるということが起こることがある。

レアート整形外科のキム・チャンユン院長は、“これを防止する為に、事前に目を閉じたときや開けたときの形が全て満足のいくように手術方法を決めますが、これは経験の豊富な専門医でなければ簡単ではありません。”と答えた。

美容整形のテクニックは日々発達している。自然な二重を作るために、最近は埋没法や切開法二重手術で‘ダイナミック二重’に移る傾向にある。既存の二重手術の技法は目を開けている状態に焦点を合わせるので、目を閉じている時は不自然な状態に見えたが、最近の傾向は目を開けた状態と閉じた状態が全て自然になるよう維持することに焦点を合わせている。

人の目がそれぞれ違うように、似合う二重の状態・大きさ・目頭目尻の状態も一人一人全て違う。稀に芸能人の写真を持参し、同じようにして欲しいとおっしゃる場合があるが、ご自身の目が該当の芸能人と似ていない場合当然似合わない。全ての方が本人の望む目の形になれるといいが、生まれ持った身体条件に逆らうことは不可能だということを、手術前に熟知することもまた重要である。

目整形の専門家と相談し自身に最も合った方法で手術を行ってこそ、後悔を最小化することが出来る。実際に整形外科では、とても細かい部分まで考慮して目のデザインを行う。目を開ける力の程度、蒙古襞の有無、皮膚のたるみ量、目尻の角度、両目の非対称の有無、眉の位置とまつ毛との間隔、額のたるみの程度、眼球突出の程度などを全て考慮し、デザインや手術を行ってこそ最適な結果を作り出すことが出来るからである。

キム・チャンユン院長は、“最適な結果は綿密な分析を通して必要な手術だけを診断し、これを正確に実行する過程を通して作られる。”と助言た。また、“この病院が無条件に手術が上手い、という噂だけを信じて手術を受けたが後悔した、という場合が多い。直接カウンセリングを受け、本人の目の状態に合った手術を行いましょう。”と答えた。