電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

出産後のたるんだ胸を解決する方案は?

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 2

본문

最近、母乳での授乳が子供の免疫力増進と情緒の発達に良い影響を与えるという研究結果が知られるようになり、大多数の女性達が母乳での授乳を行っている。半面、出産後経験する最も大きな身体の変化である‘胸のたるみ’による鬱病と女性としての自信の喪失のようなストレスもまた少なくない。

出産後の胸のたるみの主要原因は、出産後身体のホルモン体系が変化し、母乳での授乳によって乳房組織に老化現象が生じることにより、胸の弾力が顕著に落ち全体的な胸の形が下に垂れてボリュームが少なくなりながら胸がたるむからだ。

大多数の女性達が胸のたるみによって胸の整形まで考える程、身体部位の中でも胸は最も満足できない部位と指を折って数える。このように現代社会の女性達の認識はかなり変化した。

では出産後、また以前のようなボリューム感のある胸を取り戻したいとすると一般的な胸の整形が答えだろうか?

普遍的に胸の整形は多くの方が保形物の挿入を思い浮かべるが、これだけが答えではない。出産後、個人毎の胸の垂れた原因と改善方案をよく考慮すれば、ボリューム感があり弾力のある胸を手に入れることが出来る。

最近、胸の保形物による副作用と問題点が話題になり、また人為的な胸の形及び感触についての拒否感によって、他の施術を通しての副作用が小さく、より本人の胸のように自然なボリューム感及び感触を好む方が多い。

保形物挿入の場合、胸の大きさを十分に拡大し、ふっくらした胸の形を作ることが出来る反面、胸の形が不自然で、術後の管理がしっかり出来ていないと乳房周辺組織が球形構築によって硬くなる現象が発生することもあり、手術の傷跡も比較的長く残る為、このような心配によって手術を簡単に選択出来ずにいる。



b007e3292e63bc6f2a7e8ace168b678d_1557453886_6404.png

▲ レアート整形外科 ムン・ソンジュン院長


半面、胸の自家脂肪移植の場合、太ももや腹部のような脂肪が多い部位の不必要な脂肪を採取し胸に移植することで、脂肪を採取した部位の体型も同時に改善し、一石二鳥の効果を得ることが出来る。また、人工保形物のような異物感が無く、本来の自身の胸のように自然なボリューム感と感触で改善が出来るという点が大きな長所である。

垂れた胸によって整形外科での手術を計画しているなら、費用と単純な効果にだけ関心を持つより、必ず熟練した整形外科専門医との綿密なカウンセリング及び診察を通して、慎重に決定しなけれなならない。

更に付け加えると、脂肪の生着率が高く術後管理を体系的に行う病院を選択してこそ、胸の脂肪移植後の維持期間が長く、患者個人の健康状態及び最適の改善方案などを精密に確認後、2次、3次的に発生する副作用を最小化し、より満足度の高い胸の脂肪移植手術の結果を得ることが出来る。また、手術によって副作用が発生することがあるという点を明確に認知し、十分なカウンセリングと診断がまずは行われなければならない。