電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

レアート整形外科 一人一人に合わせた目の整形で好評を受ける 2018大韓民国の名医選定

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 88

본문

ルックスが一つのスペックとなり、自身を飾り始める人々が増えている。特にファッションや美容に関心を持つ人口比率が急増しながら、手術する人口も増えている。

いくつもの美容整形の種類の中で、目の整形は韓国人が一番大きく関心を寄せている分野だ。

人の第一印象を決定する要素の中にはいくつかあるが‘心の窓’と言われている‘目’を第一要素に挙げる。好感を持たれる印象の為に人々が目の手術に関心を持つのも、まさにこの為だと言う事が出来る。

二重が無く、眠そうに見えたり疲れて見える・きつそうに見える目を、優しく自然な目つきに変えてこそ、既存の印象を改善出来るということだ。二重手術が大衆的な手術になったことで、人々はメイクアップのように簡単だと考える。しかし、目の整形は多様な要素を考慮し様々なデザインを経て行わなければならない難しい手術だ。

実際に、目の整形専門家たちが目の整形の最も大きな難しい点として口を揃える部分は、目が他の部位と違って動的だという点だ。目は閉じることもあり、開けることもある。よって、目を閉じた時は大丈夫だったが、目を開いたら形が変わってしまうという事が起こることもある。

目の整形は埋没や切開、トゥイム、目つき矯正など、多様な方法で行われる。しかし、人によっては二重のラインが厚い・不自然な場合、一歩間違うと怖く見えることもあるので、最大限自然に見えながら優しい印象を残すことが重要だ。

メディタイムズのインタビューに応じた、レアート整形外科のキム・チャンユン院長は、目の整形におけるユニークな手術実力に加え、1対1の個人別の相談によってこの分野での業績を認められ、メディタイムズの名医100人に選ばれる栄光を享受した。キム・チャンユン院長は、目の整形の始まりは手術室ではなく、カウンセリング室から始まると言う。大部分の目の整形の患者達は、二重手術を長い間苦心しながらも、実際に本人に合った二重ラインを正確に知らない場合が多く、カウンセリングを通して一人一人に一番似合う二重の形とそれに合った手術方法を決めることが重要だと強調した。

また、キム・チャンユン院長のカウンセリングは、安らかさと少しのディテイルも逃さない細密さでも定評がある。このような目の整形に加えて、最近は‘OYEトゥイム’というユニークなブランドの手術テクニックを開発し、大きな好評を受けている。キム・チャンユン院長だけのユニークな‘OYEトゥイム’は、既存のトゥイム整形で目立つ極端な手術の後遺症を最小限にすることはもちろん、速い回復と安定的な手術結果によって、顧客からの良い反応を得ている。

レアート整形外科のキム・チャンユン院長は“同じ目の手術だと言っても、人の顔の形から全ての部分に渡ってデザインから違わないといけない。目の整形は顔全体の雰囲気を考え、自然な外見の変化に満足させなければいけない為、かなり難しい手術だ。と伝えた。よって“必ず目の整形の経験が豊富で、繊細な手術を執刀する医療陣と、個人の身体条件を考慮する手術方法を選択しなければならない。安定的な手術結果が保証されている整形外科専門医が手術を行うか、病院でカウンセリングから手術、その後の術後ケアまでが適切かを判断しなければならない。”と付け足した。

美しくなろうとする人間の欲求は、本能とも同じ欲望と言う事が出来る。このような旅路で、安全なガイドになれるよう、目の整形分野で一筋の人生を歩いている力のある専門医がまさにこの場所、レアート整形外科で診療中だ。