電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

二重手術、術後ケアがより重要だ レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 138

본문

毎年冬は整形手術を考える多くの人々によって、整形外科が慌ただしくなる時期だ。二重手術の場合は傷跡が癒えて治るのに時間が必要なだけに、冬休み期間を利用して二重手術を受けようとする人が多い。

いくつもの整形手術がある中で、大韓民国で最もよく行われる美容整形手術の中の一つが正に二重手術だ。今や手術ではなく施術と呼ばれる程度までよく行われる二重手術ですが、手術後のケアについてはよく知られていない。よって、チョンダム洞にあるレアート整形外科で目の整形を専門に行っているキム・チャンユン院長に、目の整形後のケアについて問い合わせてみた。

手術後、一日二日が経過したら‘本当に手術が上手くいったのだろうか’と酷く心配するほど、目がよく腫れる場合がよくある。手術後は腫れることがあり、手術直後よりは手術の次の日からより酷くなる。しかし通常は3日ほど過ぎると急激に腫れが引き始めるため、酷く心配しなくてもいい。初期の腫れは手術後2~3日程度冷やしてあげることが良く、横になっているよりも座ったり起き上がって活動するのが良い。

傷が全て癒え抜糸をした後は、温めることで循環を促進させ痣や腫れが速く引くようにすることが好ましい。しかし、強く押してマッサージを行うと糸が解けることがあるので注意が必要だ。また、長時間冷やしたり温めると凍傷や火傷が発生することがあるので、間隔を短くし休み休み行わなければならない。

また、出来る限り化粧やコンタクトレンズの着用は手術部位がある程度治ってから行うことが好ましい。メイクアップ及びコンタクトレンズの着用は手術部位に刺激を与え、二重が解けることに影響を与えるので、大体3週程度は控える。日常生活には全く支障が無いが、運動や激しい活動は2週以上控えるのが良く、酒やタバコは手術前後1か月程度は控えるのが好ましい。

レアート整形外科のキム・チャンユン院長は、“手術前には十分なカウンセリングを通して、本人の目に合った手術方法を決定することが重要で、その為には整形経験が豊富な整形外科専門医を探すのが重要だ。”と強調し、“手術後に持続的なケア及び経過チェックをすることが出来る、安定的な整形外科を選定することがまた重要だ。”と伝えた。