電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

二重手術のトレンドリーダー、自然癒着二重手術 レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 121

본문

ファッションに流行があるように、整形にも多くの人が好むトレンドがある。特に最も多く好まれている整形部位である目の場合、過去に厚く濃い二重が流行していたが、最近は鮮明な印象を与えながらも人為的ではない、自然な二重がトレンドだと言える。

このように、変化する美の基準と整形のトレンドによって手術法も徐々に変化している状態だ。過去には、一重瞼の目に二重ラインを作り目が大きくなるよう行う二重手術方法は、大きく切開法(瞼を切開する方法)と埋没法(糸を縫合し、結び目を付ける方式)に分けられたが、自然さを追求するトレンドにより、埋没法と切開法の短所を補填しながらも鮮明で自然な目元を完成させる、自然癒着法二重手術が代案として浮上した。

‘自然癒着法’二重手術は、先天的に持って生まれた二重の原理に着眼したもので、皮膚切開無しに5~6個程度の微細な溝(1~2mm)を通し不必要な目の筋肉と脂肪を除去し、皮膚と目を開ける筋肉の自然な癒着を誘導する方法だ。自然癒着を誘導する方式で、既存の埋没法とは違い簡単に解けないことが特徴だ。腫れや痣も少なく、傷跡が残らないことも大きな長所である。

手術時間は30分以内の上に回復も速いため、手術後にすぐ職場に復帰しなければならない会社員達に大きな脚光を浴びており、今まさに大学受験を受け輝かしい大学生活が控えている高校3年の受験生、各種集まりや約束が多い主婦たちにも人気がある。

チョンダム洞レアート整形外科のキム・チャンユン院長(整形外科専門医)は、“自然癒着法は患者一人一人の目の形と二重の厚さ、脂肪量などを総合的に考慮しなければならず、皮膚と目を開ける筋肉間の癒着を誘導する過程で繊細な技術が必要だ。”と説明した。また、“各自が持っている目の形によってイメージは千差万別で異なるように、十分な経験とノウハウを持った整形外科専門医を通してこそ、望んだ自然な結果を期待することが出来る”と伝えた。