電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

童顔のための目の下脂肪再配置、最善の結果を得る為には?レアート整形外科 キム・チャンユン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 69

본문

最近、外見が社会生活での重要な競争力となり、他人より少しでも若く見える印象、そして明るく見える印象を持つために努力する人が増えている。 特に最近有名芸能人らの整形告白によって、不慣れな用語の整形手術である「目の下の脂肪再配置」について知られるようになった。このような目の下の脂肪再配置は老けて見える印象とクマを改善し、一挙両得の効果を得ることが出来る手術だ。

ただ、手術を前に留意しておかなければならない点は、クマの原因を把握することだ。傍から見ると同じクマだとしても、▲毛細血管型 ▲色素沈着型 ▲脂肪突出型 ▲脂肪陥没型 などに分けられ、これによって治療方法も変わってくる。

この中で最も多く比重を占めているのが、過度な目の下の脂肪だという事が言える。目の下の脂肪でクマが生成される場合、深部と表層に形成された2つの脂肪によって複合的に生じる場合が多い。この為、完全に目の下の脂肪を改善しない場合は持続的に再発の危険があるという程確実な改善が必要だ。

チョンダム洞に位置するレアート整形外科のキム・チャンユン院長は、“既存のクマ手術の場合、突出した目の下の脂肪だけを除去する方法で問題を解決したが、これは目に見えるクマを除去したという事だけで、根本的な原因を除去することが出来ない限界がある。”とし、“クマ解決の為に最も重要な事は眼窩隔膜の強化で、時間が経ち眼窩脂肪がまた引っ張られ出てこないよう、眼窩隔膜を強化しクマの再発を止めてあげなければならない。十分な経験とノウハウを持った医療陣を選択してこそ、望んだ結果を得ることが出来る。”と説明した。

キム・チャンユン院長は、“目の下は最も薄く繊細な部位の為、豊富な臨床経験を持った整形外科専門医の選択し、費用と口コミを十分に調べ、深層的なカウンセリングを通して目の構造と年齢を考慮し、自身に適合する場合にだけ行わなけれならない。”と助言した。