電話相談 +82)2-549-2080

JPN

QUICK
TOP

レアートの紹介

最高の技術を持った、最高の整形センター

We make you, THE ART

ニュース

あなたの美しさの為に最善を尽くします。

·レアート整形外科の各種ニュース記事です。

皮膚の老化、ボリュームと弾力‘二つのポイント’レアート整形外科 ムン・ソンジュン院長

페이지 정보

著者 レアート整形外科 閲覧数 117

본문

大部分の人々にとって、老化が進むという事ほど悲しいことは無い。老化が進行したという事は、気力が落ちて余生があまり残っておらず、少しずつ出来ることが少なくなることを意味することでもある。

‘老化’を最も酷く感じる時は恐らく、鏡に映った顔を見たときや写真を撮るときなど、顔に増えたシワと垂れた皮膚を見たときだろう。

では、皮膚の老化はいつから始まるのだろうか?個人毎に程度に差はあるが、一番若盛りの年齢、20代から始まる。生きる為に忙しく動き回っている内に、自身も知らないうちに目の周囲、額、口周りに一つ二つとシワが出来、頬の肉は下に次第に垂れさがり、ほうれい線が深く刻まれたのを発見する。その上、皮膚の老化は一度始まると簡単に改善されないことはもちろん、年を取る程に更に速い速度で進行していく特性がある。また、直射日光に長時間皮膚を露出させたり、過度な飲酒・喫煙・急激なダイエット・しかめる表情をする習慣なども皮膚の老化を促進させる。

老化を防止する為にはすでに老化が始まった後に管理を始めることよりも、20代から積極的に管理をし、老化の速度を遅くすることが必要だ。普段から紫外線遮断剤や関連化粧品を入念に塗って、水を頻繁に飲み、ビタミンを摂取し、たゆまぬ運動と十分な睡眠を取るなどの適切な管理も重要だが、すでに老化が始まった場合には専門医の助けを借りることも良い方法である。

人の顔に老化が進んだ時、大きく分けて2つの目に付く変化が起こる。皮下脂肪の量が減少することによって顔のボリュームが消えてシワシワしたように見えること、もう一つは皮膚の弾力が落ちながら皮膚が重力の方向にたるむことだ。

よって皮膚の老化を改善する方法も大きく分けると、これもまた2つに分類される。1つ目は消えたボリュームを生き返らせ、立体的な顔のラインを作る方法として、童顔効果を極大化させるボリューム改善方法である脂肪移植や各種フィラー施術、リフティング手術などがこれに属する。

不足した輪郭のボリュームを自身の脂肪で補充し、全体的により若く活力のある顔を作ってくれる“自家脂肪移植術”も人気だ。自家脂肪を利用するため副作用の心配がいらず、施術範囲が広いため効果がてきめんで、半永久的に持続するという長所がある。また、フィラーは時間が経つ程ボリュームが自然になり、ほうれい線や首のシワはもちろん輪郭の改善に効果的だ。

2つ目は皮膚の弾力を改善させ、たるんだ皮膚を解決するリフティング方法だ。ウルセラ、糸リフティング、顔面吊り上げ術などがあり、弾力の低下程度によって専門医とカウンセリングをして選択する。

ハリウッド及び各国のスター達のシワ除去術で知られ、国内でも話題になった‘ウルセラ’施術は、手術なしに顔全体の弾力はもちろん目元の周囲、顎、顎ライン、垂れた頬、首の部位などの弾力改善に大きな効果が見え、シワを改善し自然なリフティング効果を与える。溶ける糸を利用した糸リフティングも大変人気を博している。この施術は皮膚内に溶ける糸を挿入し、皮膚弾力やシワを改善する施術法だ。施術時間が20~30分程度と短く、腫れや痣の危険も少ないことから日常生活への復帰が早く、更には施術後すぐに効果を見ることが出来る長所がある。

最近は‘8mm内視鏡眉額吊り上げ術’も人気だ。最小切開8㎜内視鏡眉額吊り上げ術は、小さな切開を通してシワが出来たるんだ顔と皮膚を引っ張り切除した後、固定させて顔を全体的にリフティングする手術で、老化によって頬がとてもたるんでいたり、半永久的な確実な効果を望む場合に選択する。

このように皮膚の老化はボリュームと弾力の全てが改善することが重要だ。しかし、個人毎に皮膚の老化の原因と状態が違うので、むやみに施術を受けてはいけない。特にボリュームと弾力改善の施術は間隔を置いて施術しなければならず、必ず整形外科専門医とカウンセリングを行わなければならない。